〈かに物語〉のあったかレシピ

11月に入り、すっかり寒くなりました。
体の芯から温まる蟹レシピ、たっぷりご紹介していきます。

一本爪を使ったアレンジ鍋

『レモンの蟹鍋』

マンネリになりがちなお鍋。今年はこんなアレンジ蟹鍋でグッとオシャレに!
甘いDeep Sea Red Crabと酸っぱいレモン。相反するような組み合わせですが、実は相性抜群。さっぱりと、何杯でも食べられる美味しさです。

美味しい湯気に包まれて。

『蟹出汁の卵雑炊』

いつものお出汁をかにのお出汁に変えるだけで、蟹鍋の後にいただくような、蟹の旨味たっぷりの雑炊が出来上がります。簡単なのに、とっても贅沢な味の一杯。
あたたかな湯気に包まれながら、美味しいひと時を。

たまにはこんな豪華なお味噌汁であったまろう

『かに出汁の究極かに味噌汁』

「蟹のお出汁」と「肩脚肉」を使った贅沢なお味噌汁。特別な日には、こんなお味噌汁もいいかもしれません。お味噌と甘いDeep Sea Red Crabの相性は抜群です。「肩脚肉」を加えることで、さらに蟹の旨味が濃くなり、高級感のある味わいに。

黄金色のあったか蟹出汁スープ

『白身魚とカブの白いブイヤベース』

黄金色の「蟹のお出汁」が白身魚とカブにしっかりと染み込んだ、心まで温まるような一品。焦らずにじっくりと、芯まで浸み込ませるのがポイントです。
スープはパンなどですくって、最後の一滴までお楽しみください。

あったか蟹餡であったまる

『蟹の餡かけ炒飯』

ご飯と炒めるだけで手軽に蟹炒飯ができる「かに炒飯の素」ですが、こちらはひとひねりした裏わざレシピ。蟹の出汁がきいた本格的な“蟹の餡かけ”がたった10分で簡単に作れます。寒い日のお夜食にもオススメです。

旨味たっぷりの蟹出汁で作る

『白身魚ときのこの茶碗蒸し』

寒い季節に嬉しい茶碗蒸し。「蟹のお出汁」を使えばあっという間に作れます。お出汁にしっかり旨味があるので、シンプルな具材でも、物足りなさはありません。魚介出汁に合うように、今回は淡白な白身魚を入れました。少し濃い目にお出汁をとっていただくのがおすすめです。

旬食材と合わせてホクホクに蒸しあげる

『きのことDeep Sea Red Crabのせいろ蒸し』

Deep Sea Red Crabの「一本爪」をせいろに入れて蒸すだけの簡単レシピです。レシピでは、塩やオリーブオイルをメインとしたシンプルな味付けの調味料をご紹介しています。蒸すことで、Deep Sea Red Crabの甘みがさらに引き出され、ふっくらとしながらも弾力のあるDeep Sea Red Crabの特徴を楽しんでいただけます。普段ご使用のお好みの調味料をつけダレでも美味しく召し上がっていただけます。

この他にも、〈かに物語のDeep Sea Red Crab(まるずわいがに)〉を使って作ったこれからの季節にぴったりのレシピを多数ご紹介しています。
ぜひ レシピページ もご覧ください。

お支払い方法について

配送・送料について

返品・交換について

お問い合わせ